会社情報

会社情報 会社情報

基本理念

住友精化グループ
基本理念体系

住友精化グループ基本理念体系

住友精化グループは、経営の礎となる基本理念として、住友グループの根本精神である「住友の事業精神」、住友精化グループの目指す姿を表した「企業理念」、企業理念実現のためのスローガンである「コーポレートステートメント」、また、これらの基本となる理念を支える全社指針としての、「“SEIKA WAY”」、「住友精化グループ行動憲章」、「住友精化グループが目指すCSR」を制定し体系化しています。

* “SEIKA WAY” ・・・
全社員が共有すべき価値観

* 住友精化グループ行動憲章 ・・・
社会の一員として遵守すべき基本的考え方

* 住友精化グループが目指すCSR ・・・
当社グループのCSR基本方針

住友の事業精神

住友精化グループは、「住友の事業精神」を事業経営の根本精神として継承しています。

「営業の要旨」
  • 第1条 わが住友の営業は信用を重んじ確実を旨とし、もってその鞏固隆盛を期すべし。
  • 第2条 わが住友の営業は、時勢の変遷、理財の得失を計り、弛張興廃することあるべしといえども、いやしくも浮利にはしり軽進すべからず。

「営業の要旨」の第1条は、何よりも取引先の信頼、社会の信頼に応えることを大切にすることを示しています。
第2条は、社会の変化に素早く的確に対応しながら利潤を追求し、常に事業の刷新を図ること、という進取の精神を示しており、その上で浮利を追うような軽率・粗略な行動を強く戒めています。

「自利利他 公私一如」

「自利利他 公私一如」とは、「住友の事業は、住友自身を利するとともに、国家を利し、かつ社会を利するものでなければならない」とする考え方であり、常に「公益との調和」を図り、企業の社会的責任を果たすべきことを表しています。

企業理念

住友の事業精神の下で、住友精化グループは、化学の分野で世界に通じる独創的な技術を開発し、特色のある質の高い製品を国内外に供給することにより、社会の発展に貢献します。

コーポレートステートメント

コーポレートステートメント

「URUOI」は日本語の「潤い」という言葉に留まらない当社独自の意味合いを持たせることで、ステークホルダーに対して当社が提供する製品とサービスの価値を示しております。当社は、人々の生活の様々な場面に利用される幅広い製品・サービスを通じて、当社グループの知見を活かしたサステナブルソリューションを社会と人々に提供することで、健康で豊かなくらしに貢献します。

“SEIKA WAY”

SEIKA WAY

全世界の住友精化グループ従業員が共有すべき価値観が“SEIKA WAY”です。
これまでの歴史で積み重ねてきた想いとともに、将来のありたい姿を、“なりたい存在”、“持つべき強み”、“大切にすべきもの”という3つの価値基準において示すため、10項目の行動指針に明文化しました。

住友精化グループ行動憲章

当社が社会の一員としての責任を果たすため、当社および役職員の一人ひとりが遵守すべき基本的な考え方を以下のとおり定めます。

  1. 高い品質と安全性を兼ね備えた製品・サービスを開発、供給し、社会に貢献します。
  2. 法令等の遵守とそれに必要な施策を確実に実施し、高い倫理観と社会的良識をもって行動します。
  3. 他者の知的財産や営業秘密を尊重し、また、個人情報・顧客情報の保護を徹底します。
  4. 不当な利益を目的とする贈答・接待その他経済的利益の授受や、国内外の公務員に対する贈答等は行いません。
  5. 自由競争の下、公正・堅実な態度で、取引を行います。
  6. 従業員の権利と個性を尊重し、安全かつ清潔な労働環境と校正な労働条件を提供し、やりがいを持って働くことができる組織風土をつくります。
  7. 環境に配慮した製品供給や厳重な化学物質管理を行い、事故の防止や安全対策を徹底します。
  8. 株主、取引先、従業員、地域社会その他事業活動に関わる全てのステークホルダーに対して、会社情報を適切に開示し、説明責任を果たします。
  9. 事業の国際化に対応して、各国法令等の遵守だけでなく、文化・慣習を尊重し、その国の社会経済の発展に貢献します。
  10. 反社会的勢力や団体に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。

住友精化グループが目指すCSR

住友精化グループは、企業理念の実践により、我々にしかできない価値を創造することで、世界共通の目標であるSDGsの課題に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献します。
これにより、全てのステークホルダーの期待に応えていくことを目指します。

コーポレートマークについて

コーポレートシンボルマークである井桁マークは、住友グループのシンボルとして知られています。井桁は本来「泉」「井戸」を象徴する紋章で、天正年間、住友の元祖が初めて京都に店を開いたころの屋号「泉屋」に由来しています。
明治以後、その事業の拡大発展とともに井桁マークは住友事業全体の象徴として、社章や商標に用いられるようになり、現在では、連系各社を中心に多数の関連会社を擁する住友グループのシンボルとして社会の大きな信頼をかちえています。

また、当社のコーポレートカラーは、メインカラーにコーラルレッド、サブカラーとしてブルーを用いています。
住友井桁マークのメインカラーとして採用されているコーラルレッドは、明るく温かみがあり、積極性を感じさせることを意図しています。
コーポレートサブカラーのブルーは、主に略称の社名「住友精化」に用いますが、知的・先進性・ハイテクノロジーのイメージを持つこの色により下部にラインを施し、社名を強調しています。
社名ロゴタイプは、横の線を心持ち太くすることで、精密でありながらダイナミックな印象を持たせています。

コーポレートシンボルマーク コーポレートシンボルマーク
pagetop

本サイトは、お客様が再訪問された際に、最適な情報を提供するなど、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくはサイトのプライバシーポリシーをご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意下さい。