ホームIR情報経営ビジョン

IR情報

経営ビジョン

社長メッセージ

株主および投資家の皆様へ

住友精化グループは、2016年5月に新中長期経営計画「SEIKA Grand Design 2025“URUOI”」を発表いたしました。この目標達成に向け、新事業創出と事業化促進の仕組み、経営基盤強化への不断の取組み、および活力ある組織風土を基として、企業理念「我々は世界の変化を先取りし、独自性のある自由な発想で驚きを提供し、自らも成長し続けることにより、地球と人々のくらしに潤い(URUOI)を与えます。」を実現する製品やサービスの提供を通じて、株主・投資家の皆様をはじめとした様々なステークホルダーの期待に応え、持続的な企業価値の創造に取り組んでまいります。
今後も、企業情報の適切な開示と株主・投資家様との建設的な対話などを通じ、企業価値を高めることに挑戦してまいりますので、皆様には一層のご理解と引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長
上田 雄介

コーポレート・ガバナンス

当社は、世界の変化を先取りし、独自性のある自由な発想で驚きを提供し、自らも成長し続けることにより、地球と人々のくらしに潤い(URUOI)を与えることをグループ企業の理念として、住友精化にしかできない価値を創造し、グローバルに存在感を示す企業に成長していきたいと考えています。
この企業の成長を支えるべく、当社では、以下の方針のもとで、コーポレート・ガバナンスの強化充実に向けた取組みを行っています。

  • ・当社は、株主の正当な権利行使に関し、情報提供の充実や権利行使の機会の確保を行い、また、株主の平等性を実現します。
  • ・当社は、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等のステークホルダーの立場を尊重した企業風土の醸成と、これらとの協働に積極的に取り組みます。
  • ・当社は、役職員が従うべき行動準則を制定と実践を行い、内部統制システムを適確に運営します。
  • ・当社は、英文での決算情報の開示やウェブサイトによる適時の情報提供など、適切かつ充実した情報開示を行い、経営の透明性の確保を行います。
  • ・当社の取締役会は、株主に対する受託者責任および説明責任を踏まえ、会社の持続的成長および中長期的な企業価値の向上を促すべく、経営方針および企業戦略を示すとともに、迅速・果断な意思決定を行います。
  • ・当社は、会社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上に資するように株主と建設的な対話を行い、これに際して当社の経営戦略や経営計画をわかりやすく説明します。

コーポレート・ガバナンス報告書
PDF ダウンロード

取締役会の実効性評価

当社は、コーポレートガバナンスの向上に関する取り組みの一環として、平成27年度の取締役会の実効性の評価を行いましたので、結果の概要をお知らせします。

平成28年度取締役会の実効性評価の結果(概要)について

コーポレート・ガバナンスの体制

IR ポリシー

基本方針

住友精化は株主や投資家の皆様に正確かつ迅速に開示することとしています。
情報の開示に当たっては、金融商品取引法および証券取引所の定める適時開示規則に従うとともに、当社の活動の理解を深めていただくために有効と思われるIR情報を提供していまいります。

情報開示方法

情報の開示は、東京証券取引所のTDnet(適時開示情報伝達システム)ならびにマスコミへのプレスリリースも行います。
公表措置が完了した後、速やかに当ウェブサイトに公表いたします。
また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、適時開示の趣旨を踏まえて、公正・適時・公平な開示に配慮してまいります。

将来の見通しについて

当社のIR関連説明資料には将来の見通しについて、発表時点で入手可能なデータにより記載していますが、実際の業績につきましては、今後さまざまな要素により、
見通し等と大きく異なる可能性があることをご承知おきください。

沈黙期間

決算情報の漏洩を防止するため、決算発表日前の2週間を沈黙期間とし、この期間は決算に関するコメントや質問への回答を控えさせていただきます。