ホーム採用情報先輩の声

VOICE Of SENIOR

研究所で得た知識を元に
技術的な要望に応えられるように心がけております。

2012年入社 吸水性樹脂事業部営業部勤務

VOICE Of SENIOR

研究所で得た知識を元に
技術的な要望に応えられるように心がけております。

2012年入社 吸水性樹脂事業部営業部勤務

VOICE Of SENIOR

研究所で得た知識を元に
技術的な要望に応えられるように心がけております。

2012年入社 吸水性樹脂事業部営業部勤務

入社経緯と現在の状況 学生時代に理科系の研究をしていたことから、技術力を重視する化学メーカーで働きたいと考えていました。その中でも、私が当社を志望したのは、赤ちゃんから高齢者の方々まで私たちの身近な商品に広く素材を提供しているメーカーであることから、多くの人々に役に立つ仕事ができることに魅力を感じたためです。
入社後、3年半は吸水性樹脂研究所で当社の主力製品である吸水性樹脂”アクアキープ”の研究に取り組みました。そこでは、基礎的な製造方法から、より高性能化を目指した品質改善の研究のほか、お客様と技術交流を通して当社製品のカスタマイズを行い、より高機能に使用できる提案をしてきました。
現在は、吸水性樹脂事業部の営業部にてアクアキープの販売活動に携わっております。当社の主力製品ということもあり、国内外の多くのお客様に満足してご使用いただいていることを日々実感しながら業務に取り組んでいます。
営業部へ配置転換となった当時の思い出としては、未経験の部門で働くという不安がある一方で、グローバルに活躍できる人材として、よりスキルアップできるチャンスだと思い、期待いっぱいで赴任したことを覚えています。実際に営業部へ赴任してから、先輩や上司が温かくフォローしてくださったおかげで、今ではお客様を担当させていただくまでに周りの方々に信頼をいただくことができました。
お客様とは、コミュニケーションを通して、研究所で得た知識を元に技術的な要望に応えられるよう面談することを心がけております。営業部でやりがいを感じるときは、お客様の要望に対し、社内各部門との議論の中で住友精化として最良の答えを導き出し、それをお客様へ提案し、満足して受け入れていただけたときです。

将来の夢、今後やってみたいこと アクアキープをより多くのお客様に満足してご使用いただけるように、今後も多くの知識・経験を培っていきたいと思っています。そして、いつかお客様がアッと驚くようなオンリーワンの提案ができる営業マンになりたいです。もっとグローバルに活躍し、世界でオンリーワンの当社製品を紹介し、ナンバーワンのシェアをとって世界中いたるところにアクアキープを浸透させていきたいです。
就職活動中は、化学メーカーの研究所で働きたいと思い、入社後は研究所で仕事をすることができました。もちろん、その道でキャリアを積んでいくこともひとつのプランですが、私のように研究所で一度経験を積んでから、それを活かして新たな職場でチャレンジしてキャリアアップをしていくプランも良いのではないかと考えます。
当社の社風として、若手でも主体的にチャレンジできる環境があり、スキルアップのための資格取得や種々の研修を受講するチャンスが多くあります。また、社員の人柄については、いつも気にかけてくれてきめ細かにフォローしてくれる人、気軽に相談できる人がたくさんいることから、業務を通して成長できる会社であると感じています。皆さんもこんな住友精化でともに仕事しませんか。

VOICE Of SENIOR

将来は国内に留まらず、
世界に自社オリジナルのポリマーを供給することを
目標に努力していきたいと思います。

2014年入社 機能化学品研究所勤務

VOICE Of SENIOR

将来は国内に留まらず、
世界に自社オリジナルのポリマーを供給することを
目標に努力していきたいと思います。

2014年入社 機能化学品研究所勤務

VOICE Of SENIOR

将来は国内に留まらず、
世界に自社オリジナルのポリマーを供給することを
目標に努力していきたいと思います。

2014年入社 機能化学品研究所勤務

入社経緯と現在の状況 化粧品やシャンプーなどの生活に身近な製品に触れることができることから当研究所を志望しました。大学時代は高分子とは無縁の低分子化合物の研究をしていましたが、当社に入社し一から高分子化学を学び現在に至ります。会社の風土としてセミナーや講演会への参加を積極的に推奨しており、高分子化学を学んだことのない人でも十分に研究が行える環境です。 現在入社3年目。入社当初から機能化学品研究所に所属し、当社の水溶性ポリマーである「アクペック」の合理化研究・用途開発に携わっています。具体的にどんな仕事をしているかというと、大きくわけて2点あります。まず1点目は、ラボスケールでの重合技術の探索です。既存製品の性能向上や新グレードの開発を目的に日々研究に励んでいます。入社1年目には、上司から新テーマに携わるチャンスをいただきラボスケールからパイロットスケールへのスケールアップ化を体験しました。スケールを大きくすると、ラボの重合通りにはいかず、多くの難題を解決する必要がありましたが、自分自身が携わったテーマが製品化される可能性を秘めていることから、とてもやりがいを感じています。2点目は、化粧品やトイレタリー製品のフォーミュレーションおよび粘度や触感等の物性評価です。アクペックはクリームやジェルなどの増粘剤として用いられており、ポリマーの種類や配合量を検討し新しいフォーミュレーション処方を開発、提案しています。できたクリームは分析装置を用いて、触感を数値的に評価します。重合技術だけでなく、新しい分析技術を見出すことも当研究所における重要な業務です。また、化粧品展示会に参加し製品の紹介をしたり、営業部門に同行し、自身の作ったポリマーやフォーミュレーション処方を提案するといったこともあります。化粧品を扱うため、女性ならではの繊細な感性も必要であり女性がどんどん活躍していける職場だと感じています。

将来の夢、今後やってみたいこと アクペックの市場は国内だけでなく、グローバルに広がっています。そのため、私は会社の制度を利用して英会話教室に通い英語力の向上に努めています。最近では海外からのインターン学生を受け入れており、英語力が欠かせないものとなりました。英語でのコミュニケーションに苦戦することもありますが、自分自身の成長にも繋がり非常に良い経験となっています。週末には研究所のメンバーで旅行に出かけることもあり、有意義な生活が送れています。写真は、インターン学生に京都を案内したときのものです。当研究所では、グローバルに活躍したいと思う人にとって非常にやりがいのある仕事ができるはずです。将来は国内に留まらず、世界に自社オリジナルのポリマーを供給することを目標に努力していきたいと思います。

VOICE Of SENIOR

少数精鋭で少人数のチームで仕事をしていることや
アットホームな雰囲気に魅力を感じたところが就職の決め手でした。

2014年入社 ファインガスシステム研究所勤務

VOICE Of SENIOR

少数精鋭で少人数のチームで仕事をしていることや
アットホームな雰囲気に魅力を感じたところが就職の決め手でした。

2014年入社 ファインガスシステム研究所勤務

VOICE Of SENIOR

少数精鋭で少人数のチームで仕事をしていることや
アットホームな雰囲気に魅力を感じたところが就職の決め手でした。

2014年入社 ファインガスシステム研究所勤務

入社の経緯、現在の状況 会社を選ぶにあたって、大学で学んだ化学の知識を活かせる仕事がしたいと考えていました。当社の説明会や面接を通じて、少数精鋭のチームで仕事をしていることやアットホームな雰囲気に魅力を感じたところが就職の決め手でした。 私が所属しているファインガスシステム研究所は、主に半導体用、医療用、工業用などの原料・製品ガスの開発をしている部署です。入社2年間で半導体用ガスの開発テーマに携わりました。この開発テーマでは、精製技術や分析方法などこれまでに当社で培ってきた様々な技術を先輩社員から丁寧に教えて貰う中で学ぶことができました。また開発に必要なデータの所得方法、特許・文献調査などを経験することができました。そして、今年は入社3年目を迎えて、PSAなどのガス製造装置を開発する研究グループへの異動になり、テーマリーダーを担うことになりました。ガス製造装置は当社の製品の中でも代表的な製品の一つであり、研究から製品化まで広範囲の業務に携わることができるため、非常にやりがいのある仕事であると感じています。 この2年間で様々な仕事に携わり経験を積み重ねることで、徐々に任せられる仕事が増えており自身の成長に繋がっています。これからも、新しい仕事に積極的にチャレンジして業務の幅を広げていきたいです。 学生時代は常に運動部に所属していたこともあり、体を動かすことが大好きです。社会人になってから、休日は学生時代に経験のあるテニスをして気持ちをリフレッシュしています。また、職場内で毎年リレーマラソンに出場したり、ゴルフコンペを行ったりすることで仕事以外においても交流の機会が多いため、職場内では良好な関係が築けています。

将来の夢、今後やってみたいこと これまで携わった研究テーマは途中で断念したものもあれば、まだこれからのものもあり製品としてお客様に提供するには至っておりません。そこで、今後の目標としてできるだけスピーディーに研究を進めて、これから研究テーマとして取り組むガス製造装置の開発をやり遂げ、製品化を達成したいと考えています。そのために、装置仕組みや触媒・吸着剤の選定の仕方などまだまだ知識不足な点があるため日々技術的な経験や知識を蓄えていきたいです。当社は、職場の先輩方へ質問がしやすい環境であり、また講習会や学会などへの参加もしやすく学ぶ姿勢があれば、知識を蓄える機会はたくさんあると思います。 将来的には研究で培った知識・経験を活かして、人々の生活に何かしら役立てるような独自の新しい技術や製品の開発に携わる仕事をしたいと考えています。ニーズを先取りして、お客様に住友精化の製品を信頼して頂けるようなものを作っていきたいです。

VOICE Of SENIOR

自身が設計に携わった設備が
完工し稼動している姿を目にした時の達成感

2011年入社 姫路工場 姫路技術室勤務

VOICE Of SENIOR

自身が設計に携わった設備が
完工し稼動している姿を目にした時の達成感

2011年入社 姫路工場 姫路技術室勤務

VOICE Of SENIOR

自身が設計に携わった設備が
完工し稼動している姿を目にした時の達成感

2011年入社 姫路工場 姫路技術室勤務

入社の経緯、現在の状況等 大学では化学工学を専攻していたこともあり、実際のものづくりの場に携わりたいという思いから、工場の技術部門で業務をさせていただいております。 当部署では、国内外のプラントを対象に、製品の生産性・品質の向上や、環境に配慮したクリーンな工場とすることを目的に、製造プロセスの改善・検討により、生産設備の改良や増設を行いながら、ものづくりの革新に日々取り組んでおります。また、お客様からの調査依頼への対応なども行っており、業務の幅も多岐に渡ります。 私は当社主力製品の一つである「アクアキープ」という吸水性樹脂を担当しており、現在まで、製造条件の最適化の検討や、設備新設・改造に関する大型のプロジェクトにも参加させていただきました。 化工計算等をもとにプロセスを設計するというのが第一ですが、実際に現場の生の声を聞いたり、作業を体験してみることで、作業性・安全性を確認し設備へ反映させたり、試運転時に発覚した、机上の設計では見出せなかったトラブルについて、実機を用いて試行錯誤しながらテストを行い、原因を究明・解決するというように、現場を見る・知る、といったことが非常に重要であると痛感しました。 また、設備を新設・改造した場合の関連法規に対する法対応や、製造した製品の品質を自身で分析して確認する、といった経験もさせていただいております。 実機での運転結果をみて、自身の試算した結果が妥当であった時や、うまくいかなかった場合も自分なりに調査・実証をして解決できた時はもちろんですが、やはり、自身が設計に携わった設備が完工し稼動している姿を目にした時の達成感はひとしおで、最もやりがいを感じる瞬間でもあります。また、関係部署をはじめ、メーカーやお客様といった様々な方との関わりが持てるのも魅力の一つと感じています。

将来の夢、今後やってみたいこと等 当社のいずれの設備も、そのノウハウは長年の先輩達の知識・経験の賜物で、今も進化を続けています。それは同時に未だ顕在化されていない、更なる改善の可能性を秘めているとも言えます。今まで当たり前とされてきたプロセスの見直しや、熟練者の経験に基づく知見を定量的に解明するといったイノベーションを図ることで、先人に引けをとらない技術を導入し、次世代へ語り継がれる存在となりたいです。 また、設備のみならず、原料の購入から製品の提供までといったサプライチェーンをカバーできる知識を身に付け、活躍の場を広げることも目標のひとつです。現状何が問題となっているのか、お客様が何を望んでいるのか、それに対して技術者としてできることは何か、を考え、自ら提案し、住友精化の成長に貢献できる人材となりたいです。