ホーム採用情報住友精化の人財育成

採用情報

住友精化の人財育成

社員に求める人財像   

目的意識を持って、主体的に挑戦する

常に高い目標を持ち、自ら新しいことに挑戦する、意欲的な人財を求めています。

社員に求める人財像   

世界を意識し、時代を先取りする      

めまぐるしく変化する世界の流れに目を向け、時代を先取りする人財を求めています。

社員に求める人財像 

熱意を持って、自己成長を続ける

世界で通用する人財となることを目指し、熱意を持って自ら成長し続ける人財を求めています。

人財育成

住友精化は、将来を担う人財の育成を目的として教育・育成体系を定めています。 住友精化社員は各役割に求められる知識・スキルをさらに向上し、これを日常の業務に最大限発揮していくことが求められています。
社員が自ら学ぼうという意欲を大前提とし、意欲に答えるべく『何を学ぶべきか』、『どう学ぶべきか』を示すとともに、資格取得の支援及び各種の教育講座を提供しています。

人財育成プログラム

社員が自らのキャリア形成に基づき、主体的に自己能力開発に取り組めるように、次のカテゴリを中心とした様々なプログラムを用意しています。

グローバルタレント養成プログラム

住友精化では、グローバル化の進展に対応し、継続的にグローバル人財を育成・輩出することを目的として、将来海外での勤務経験を希望する若手社員を対象とする「グローバルタレント養成コース」を開講しています。
本コースでは国内研修と海外研修から構成されており、国内研修では国内実務のOJTによる習熟に加えて、海外での経営的視点を養成するために、計画的に能力開発講座や社内研修を受講します。
国内養成課程修了後は、海外研修として実際に海外拠点で約半年間業務を実践します。

グローバルマインドセット等の社内での研修、MBA・語学等のスクールに通う外部での研修の国内研修を約1年間受けた後、海外販社を中心にアメリカ、ヨーロッパ(ベルギー)、アジア(中国、韓国、台湾)の合わせて5カ国に渡って海外研修を行いました。実際に海外でこれまで学んできたことを実践していく際には苦労した部分も大きかったのですが、それ以上に多くの方と出会い、様々な場所に行き、国による文化、考え、法律の違いを肌で感じ学びとることができたくさんの貴重な経験をすることができました。これらの経験を元に、帰国後は所属している化学品法規制担当の部署で、グローバルな化学品法対応システムを構築すべく日々奮闘しています。

2009年入社 RC室勤務